星ゆけば   宇宙戦艦ヤマトよ伴に

過去・現在・未来…不滅の宇宙伝説“ヤマト”よ永遠なれ!

2017-09-06 [ Wed ]
プリンプリン物語は人形劇や昔。
記事タイトルの台詞は1980年前後だと思われ。
当時、劇場版やさらば、ヤマト2がリリースされた頃。

台詞では同時に999と思われる、
宇宙を進む蒸気機関車のイラストも一緒に。

フェアリーダ―(艦首上部)の形状からして、
第一作の御船を参考としていると思われるが、
このイラスト元ネタはどのシーンのヤマトかわかるけれども、
このイラスト、一体誰がどこで描いたのか、、、

貴重なり。
ヤマ伴さんがどこからか拾ってきた、
フェアリーダ―の考察については次回、、、
それでは、らた毎週、ガーレガミロン!!
2017-09-05 [ Tue ]
掲載記事より。
中高生を中心としたさいしょのアニメブームを巻き起こした作品。
放送開始当時は「アルプスの少女ハイジ」の裏番組だったこともあり、
視聴率は低迷。しかし再放送で人気にひがつき、説得力のあるSF設定や、
人間味溢れるドラマに、ファンは夢中になった。いわゆる“アニメファン”
を生み出した記念碑的作品。
DSC_1700.jpg

掲載記事より。
74年には「宇宙戦艦ヤマト」も放映開始。キャラクターではなく、
世界観やメカ(巨大戦艦)が主役に成り得ることを実証しました。
SF的エフェクトも丁寧に表現して、もはや「テレビまんが」などとは呼べないほどの
クオリティに達しました。
DSC_1701.jpg

掲載記事より。
西暦2199年、侵略者によて地球が滅亡寸前に追い込まれ、
放射能除去装置を取りに行くために、宇宙戦艦ヤマトは宇宙へ旅立つ…
と、あらすじを書いていくと、どこにも古代進や沖田十三など人物が出てきません。

キャラクターなしで概要を述べることができる。
そんなテレビアニメは、おそらく「ヤマト」以前には存在しないでしょう。
DSC_1702.jpg

以下、心情の発露、畳みます。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
» READ MORE...
2017-08-05 [ Sat ]
七月末~は ヤマト!!新たなる旅立ちキャンペーン。
さて、今日は未公開カット集なる特典映像から。


2199で黄色と赤のご注意ラインが付いた、
何やら四角に開閉する箇所でしたわな。

旧作からずっと設定だけはあって、
一体あの箇所はなんなのだ!?
ってな疑問にも多く解答の2199、いや快答かな。

このカット自体も艦(ふね)の全容をパンして眺めるカット。
思えばこういう、大きさや重量感をじっくり 魅せる ような、
どっしりしたカットというのが2199以降には少ないのぅ。。。

黒鋼の城、そのものを 魅せる カット。
もっと多く増やしてほしいものであり。
2017-08-02 [ Wed ]
のなかみのる と読める。

単行本化されていないらしく。
うーむ、是非とも再リリースを望むのであり。

新たなる旅立ち
の翌日は小学校夏休みの登校日。
クイズ形式でワイワイやろうと言っていたのを、
なんかこっぱずかしくて騒ぐに騒がなかったなあ(笑)

あれから38年、、、
光陰矢のごとし。か。
2017-05-14 [ Sun ]
さあ、いよいよ佳境、第四巻。
第19話から第24話が収録されており。

19話
 「齊藤さん!」と耐閃光防御を促すユキが恰好いい。

20話
 漆黒の宇宙空間から前進するバルゼー大艦隊、、、いい。

21話
 怒りを込めて撃ち尽くせ!!
 土方さーん!!土方竜、、、映画「さらば」より断然格好いい。

22話
 バルゼー破れて置いてけぼり、、、残ったガニメデ基地が実はキー。

23話
 空間騎兵凄い人数、、、ガニメデで補充したのね、、、(脳内補完)

24話
 デスラー、ユキを視てスターシャを思いだし、闘いに終止符か、、、
 洋上へ着水するヤマトのバウンドがいい、、、

こうしてみると、
22Φ2はどうなるのか、、、
やはり、ダブルネーム説をオジオジは支持するのであり。
2017-05-09 [ Tue ]
第三巻は13話~18話まで。
起承転結の転にあたる重要な展開に突入!!

◆テレザート迎撃機はなし、空間騎兵は舟艇で降下
(さらばは迎撃機あり、騎兵はヤマトから直接降下)

◆空間騎兵退却
さらばは齊藤は引くなー!戦え!の号令
同じカットで2では〇〇まで退却だ!の冷静命令

◆このあたりの斉藤はこち亀のりょうさんにしかみえん!

◆島、散髪、、、花束、、、コサージュ、、、(呆)

◆テレサの決意、ズオーダーの意志、対決よろし!

◆デスラー脱出劇は最高!!
総統閣下があまりにも恰好いい!!

◆メダルーザ登場!
ディスコバージョンの白色彗星テーマに乗って進撃の艦隊!!
このへんもムッチャ恰好ええのう!!

◆土方さん、独断
勝手に艦隊をどんどん集結させていく土方さん、
恰好ええわいのう!!

思えばこの辺の数話はヤマト2絶好調・最高潮の時期ですな、、、
この週末はいよいよ第四巻鑑賞か~!?
2017-05-06 [ Sat ]
第二巻には、
第七話~十二話までが収録されており。

◆ズオーダーがアンドロメダの名前を知っている。
(ナスカの偵察の凄さ!)
◆真田サンの説明で、「白色彗星はこのへん」
(このへん!って!!)
◆テレサがヤマト、早く来て的なことを言っている。
(艦名を知っている、そういえば総統とゴーランド禿の通信も全て傍受)
◆アステロイドの回転防御で第一作と同じカットがある。
(煙突情報から爆発の逆行に照らし出される艦橋構造物のカットがある)
◆第10話「危機突破!吠えろ波動砲」で、
「こんなこともあろうと思って」という真田サンの名台詞が聴ける。
こんなこともあろうかと、が決まり文句として有名だが実は唯一この一言だけ。
◆蛍は金属腐食バクテリア
(真田サンの手足は大丈夫だったのか!!)
◆新米君大活躍
(オジオジとしてはやはり、この新米君がヤマト2の象徴的キャラだと)

あとはやはりガミラス戦法というか、
ガトラン蛮族のように数で押す!というのではなく、
戦闘空母が一隻でヤマトを仕留めにきたり、航空戦と仕掛けてきたり、
あの手この手で小惑星に誘い込んで包囲したり、、、
いちいち戦略・戦術にこだわっている!?
ガミラス軍が好きじゃわい。
ガーレガミロン!!
2017-03-29 [ Wed ]
またもや昭和40年男、であり。
オジオジはドンピシャこの生まれ年ではないが、
ほぼほぼこのあたり、de、まさに同世代・同時代なのであり。

表紙を飾るは、我らがハカイダ―!!
カッコええ!!むっちゃカッコええ!!
キカイダ―に出てきた頃は一匹狼だったが、
何だかシリーズ後半は色違いの四人衆になっており。

今号(4月号:3月11日発売)では、
俺たちのダークヒーロー 特集。
YGD-073_20170329210440d24.jpg
デビルマン
田中角栄
タイガージョー
ダイナマイトキッド
妖怪人間ベム
ハカイダ―
北の湖
成田三樹夫
ワイルド7
立川談志
タイガーマスク
これらと並んで、我らが総統閣下も登場!!
YGD-074.jpg
記事内容としては、
古代との友情はいかにして成立したかに注力。
ちゃんと映画版さらば、とTV版ヤマ2を比較しているのもGOO!
台詞も正確に記載、その精度たるや賞賛に値。

おまけに、
藤波辰巳の記事もあり。
この号、買いであり、(って買ったけど)友人にも奨め中。

甦れ!宇宙戦艦ヤマト!
甦れ!俺たちの時代!!
2017-03-20 [ Mon ]
さあ、「見比べ会」であり。
見比べ会という言語は昨年末の奈良上映会で、
主宰の竹本すみれ氏がくしくも口にした名文句。

それ以来、
オジオジの中では“マイブーム”なキーワード。
以前、宇宙戦艦ヤマトde絵日記オーナーのようこん様も、
予習復習にヤマト2をご覧になられており。

自分としては、
総統閣下の回や、テレサの会、
土方艦長のバルゼー艦隊決戦はよく観ていたが、
今回は最初からキチンと順番に鑑賞してみようと。

» READ MORE...
2016-08-06 [ Sat ]
ふと留守番の時を得て。
いつもなら「星巡る方舟」といくところだが、
今日は珍しく旧作の「ヤマトよ永遠(とわ)に」を。
YTW-001.jpg

数年前にBDの新シリーズで再販されたものを再生。
うっかりモノラル音声で再生してしまったがまあ、それもよし。
強引な展開でグイグイフィナーレへ突撃するけれどもそれも一興。

守が死に、
サーシャも倒れ、
ユキは生き延びて、
アルフォンは自らの宿命に従う。

メカデザインは板橋氏のものでヤマト艦内もだいぶスマートに。
ちょっと直線的であんまり面白くないデザインになってはしまっており。
しかし当時は確か中一かな!?また、新しいヤマトが観られるってなわけで。
YTW-002.jpg
「何してるの!オジサマ!(早く撃って)」とサーシャ。
デザリアム本星はそれほど人口もいない模様…生命力低下という設定は確かにあったが。

やはり金田さんのコスモタイガー作画は超絶であり、
結構登場人物の細かい表情の動きもあり、楽しめた。
時代さながらのゆったりしたテンポは今となっては懐かしい。
触手のようなメカの先のビーム砲など、謎の宇宙人ぽい暗黒星団の黒色艦隊。
YTW-003.jpg
最後は母のもとへ、、、
正直ここで不覚にもウルウルしてしまい。。。

宮川泰さんの楽曲も勿論、絶好調。
発進の小惑星が岩塊となっていく手書きの妙技。
(あの弾かれるように一瞬動いてからゆっくり分解していく動きとか)

そして何と言ってもSF的にはやはり、
黒色と白色、二重銀河の設定やその見せ方。魅せ方。
新銀河誕生の音楽やその背景に広がる輝く白色銀河の景色、、、
そこに突入する直前のトンネルを抜け出るような演出のカットや、
デザリアムが崩壊する時の女性像が猫化!?して朽ち果てていく恐ろしい顔、、、

オジオジにとってヤマトは音楽作品だ、音楽そのものだ。
という確信にいたったのはある意味この「ヤマトよ永遠に」を観たからかもしれぬ。
この一作こそ、音楽凄い・絵が綺麗・演出が斬新 の三拍子が揃い。
(ある意味、キャラとかストーリーはオジオジあんまりどうでもいいのであり=旧作時代は)

エンディングの新銀河誕生のテーマは、
今やオジオジの中では完全に「~方舟」に置き換わっており(笑)
このタイミングでの「ヤマトよ永遠に」での同曲は逆に新鮮でもあり。

たまには旧作もエエもんやのぅ。
明日朝は何観ようか、、、「新たなる旅立ち」でも!?

 | HOME |  »

2017-09

◆ようおこし♪

ようこそ!過去・現在・未来が繋がる永遠の宇宙伝説…


…愛と浪漫・知恵と勇気・夢と希望の物語「宇宙戦艦ヤマト」との日々を綴ります。(時々、勝手気ままに寄り道)

◆プロフィール

勘助

Author:勘助
■性別:男性
■年齢:五十路
■職業:会社員

◆カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

◆航続距離(光年)

◆波動コアキー

QR

◆航海アーカイブ

◆メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

◆検索フォーム

◆エネルギー充填

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
1140位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アニメ
519位
アクセスランキングを見る>>